泣くしかないね

アクセスカウンタ

zoom RSS 大久保は生意気なくらいなほうがちょうどいい 第34節 神戸×磐田 @ホムスタ

<<   作成日時 : 2009/12/12 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なぜかおとなしくなって、つまらない選手になってしまった
大久保嘉人。
この日はホーム ホムスタに磐田をむかえ最終節。
宮本にかわり田中英雄がスタート。
大久保がキャプテンマーク。

これが似合う。
それとツネにクリムゾンレッドは似合わない。

ボッティは腰の手術で、左に吉田 右にカンジョ。
2トップに茂木と大久保。

対して磐田。
GK 今季初の吉原。大井がCB。
西が、ひざの具合がおもわしくない。
ワイドに成岡と船谷、2トップは前田とイ・グノ。


前節、残留が決まった神戸とシーズン序盤の不調を考えると
よくやったのかなという磐田

モチベーション・・
つまんねー試合になるんじゃないか
ところがなかなか面白い試合。


19分 左SB松岡がかけあがり、吉田はワンタッチでその松岡そして
大久保へ。

得点にはならなかったが僕はこういうの好きだ。


磐田もグノがCKからのカウンター。
右サイドをひとりで持ち上がりクロス。

誰もいない 残念。


若干、神戸のペースかなとおもっていたら

34分 これもカウンターから大久保。
センターサークルをこえたあたりで前方の茂木へ。
茂木がワンタッチで猛然とつっこんできた大久保にもどす。

大久保はそのままドッカン。
ボールはゴールへ突き刺さる
1 − 0

きれいなミドルシュート
ボールを出してからシュートまでの迫力

大久保がかえってきた。(かえってこんでええねんけどね)


その後も神戸の時間

38分 カンジョがボールカット。
中央から吉田、右からタナヒデが走りこむ。
カンジョはタナヒデを選択、田中のシュートは枠外

40分 前へあがった田中からオーバーラップした石びつ
クロスを大久保 シュート!

キーパー正面。


神戸のキレの良さ前線の孤立した磐田かな
そんな前半。


さて後半

前半とはうってかわって磐田の猛攻
というよりイ・グノの猛攻


50分 グノはナミルから奪ったボールを1人でゴール前まで。
これはシュートまで到らず。

58分 グノが突破。これはファールで止められる。

そして62分
駒野がボールをうまくもちかえてアーリー気味の左足のクロス。

グノ

後ろからDFの間に走りこんで、頭でドンピシャリ


エノタツ 一歩も動けず

1 − 1

これで流れは磐田へ。
イグノの流れもそのまま。

このあともすっごいスピードでとびこんできて駒野からパスをもらうが
オフサイド。
ガマンできなかったか、惜しい。

84分 前田が頭ですらしてグノへ、がこれもオフサイド。

85分 船谷→村井

神戸も吉田→松橋 (吉田もよかった)


もうね、引き分けで終わるのはもったいない
双方とも最後まで勝ちを狙うドキドキした展開。

88分 タナヒデから大久保へ。大久保は(たぶん大井に)つかまれながら
ヘッドでゴールをねらうが正面。

大久保 なんか叫んでる(引っ張ってるやろ、コラ!みたいな)

ゴールしか考えない、見えてない。

危険だったころの大久保の顔。


やっぱ 大久保はああでないと



結局、このままレフリーの鍋島さんの笛。
1−1のドロー。

イやあ、いいゲームだった



このあと中山雅史がホーム神戸ゴール裏へあいさつ
嫌われないよなあ、ゴン。
神戸のタオマフもらって首にかけ、深々とおじぎ。

中山はゴンダンスしようとしていたみたいだったけど
あわなかったのか、もったいない。

ゴンダンスのチャンスはそうそうないのに


みなさん おつかれさまでした













神戸はもっと早くこんな試合してれば

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大久保は生意気なくらいなほうがちょうどいい 第34節 神戸×磐田 @ホムスタ 泣くしかないね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる