泣くしかないね

アクセスカウンタ

zoom RSS 致命的なんだな 第13節 ガンバ 0−1 鹿島  @万博

<<   作成日時 : 2009/05/25 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

06年以後、このカードでは得点が少ないことが多い。
この日も1−0という最小得点でゲームの決着がついた。
そして、それがつまらないわけでもないし守備的なわけでもない。

90分間両チームがそれぞれの特長をだして集中を
切らすことなく、お互い攻めあいながら

1−0。

Jリーグには3〜4の非常に優れた素晴らしいチームがあり
その1つにガンバをあげた、浦和のフィンケ監督。

鹿島は、間違いなくその3〜4の中の1つにある。

とにかく個々の高い技術をベースに、それぞれがゲームの
流れを読み、流れをつかむのがうまい。

ガンバも最近試合巧者と評されることが多いし、僕も
そう思う。
だがこの日の鹿島はまさに試合巧者にふさわしい
試合をした。

前半16分 野沢?から右サイド深い位置の内田そして本山へ
1度入れて再び内田 そして本山。
そこから中へ切れこんでクロスをあげる
これが遠藤にあたりボールは不規則な軌道を描く。
ファーサイドに飛び込む中田浩二がねじこむ。

一瞬なにがおこったのかわからなかった。
アウェイの鹿島サポもそのようで少し間をおいて
大歓声。(見づらいというのもあるけど)

今の鹿島に先制されるとまあかなりつらいんだなあ。
これで決まったとはいわないけどますます鹿島の
ペースでゲームを運ばれてしまう。
実際ガンバもチャンスをつくり惜しいシーンを作るんだけど
なんだなあ。



それでも西野監督は一定の収穫を得たらしく
期待をもってよさそう。

で、今日は宇佐美がJJとで2トップ。
いい感じでシュートを1本。
ただ、特に守備面なんだけどチームとして
動けていないように思いました。


近くにいた小学生がHTに
「宇佐見 誰と代える?」
ちょっと笑ってしまいました。


これで勝点が
鹿島  29
ガンバ 20

リーグは中断期に入り、代表モードに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
致命的なんだな 第13節 ガンバ 0−1 鹿島  @万博 泣くしかないね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる